1.漢方薬を取り入れる

漢方治療は体質や健康状態を考慮し、体全体のバランスを整えながら、つらい症状を緩和していく治療法です。

ホルモン補充療法と借用する人もいます。

ただし、たとえばうつ症状に悩む人と冷えやほてりに悩む人では、効果が期待できる漢方薬は違ってきます。

服用するときや服用していて具合が悪くなったときは、必ず専門医に相談してください。

2.リラックスできる時間を持つ

更年期障害では、視床下部の混乱により自律神経や感情まで乱れます。

そのため、好きな香りのアロマをたいたり、ヨガや趣味など、心身をリラックスさせる時間を持つのもおすすめです。

3.運動不足を解消して食事に気を配る

ウォーキングやストレッチなどの適度な運動は血行を良くし、不眠やストレス解消に役立ちます。

食事は量やバランスに注意。

また、女性ホルモンと似た働きを持つ大豆に含まれるイゾフラボンや、骨組しよう症予防に役立つカルシウムは積極的にとりたい栄養素です。