エストロゲンが減ることで体にさまざまな不調が起こる 女性は更年期(45~55歳頃)に入ると、頭痛、ほてり、冷え、めまいなど、さまざまなつらい症状に襲われることが増えます。 これがいわゆる更年期障害といわれるものです。症状の程度には個人差がありますが、日常生活に大きな支障をきたす人もいます。 その原因とされるのが、女性ホルモン・エストロゲンの減少します。 女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンに代表されますが、更年期の症状と関係するのはエストロゲンです。 エストロゲンは女性らしい体つきや妊娠に […]