1.1日15分ほどの軽い運動を行う 運動によって、テストステロンを増やすことができます。目安は1日15分、テレビを見ながら行える程度の運動がおすすめ。 たとえば、イスに座ってひざを胸に近づけたり、ゆっくりとスクワットをするといった運動でも効果があります。 高齢になっても運動の効果は期待できます。 2.活発に人と会話をしたり交流する テストステロンは脳内でも合成されます。会話や人との交流をもち、脳を刺激することで、テストステロンの量を維持することができます。 また、会社などでやりがいを持つ、自分の […]